差し歯・クラウン 審美歯科 お悩み別に治療方法を選択

  1. TOPページ
  2. お悩み別治療
  3. クラウン 差し歯のお悩み

【クラウン 差し歯のお悩み】

差し歯が変色してきた

使っていく分には不都合はありませんが、特に前歯で変色が気になるという方々はいらっしゃいます。保険適用の差し歯で、プラスチック製のものが2~3年で着色、変色しやすいです。長い年月白い歯を保つためにはオールセラミッククラウンをもちいるのがよいかと思われます。

オールセラミッククラウン

差し歯の裏側に金属が見える

保険治療のクラウンや、一部のメタルボンドクラウンに見られるタイプです。 裏側にも金属が見えるのが嫌だという患者様にはオールセラミッククラウンをオススメします。

オールセラミッククラウン

歯茎(歯ぐき)が黒くなった

歯肉の中にメラニン色素が増殖するために起こる場合と、やはり金属を使ったクラウンやその金属土台の金属溶解から歯ぐきが黒っぽく着色するケースが多いです。 その場合、オールセラミッククラウン+ファイバーコア(金属を使わない土台)をオススメします。

オールセラミッククラウン

歯の付け根にスキマができてる…

昔つけたクラウン(冠)と歯ぐきの間にスキマができ、土台が見えてしまっている、といったご相談もよくあります。前歯で見た目の印象も悪く、思い切り笑えないなどの悩みを抱える例も。原因は経年変化により歯ぐきが下がり、結果、歯ぐきと被せ物の間にすきまができてしまうようです。すでにしみたりしている場合は虫歯の進行にもなりかねませんので、早めの修復をおすすめします。

オールセラミッククラウン

クラウン、差し歯などのお悩みについて無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。

初めての方でもお気軽にご相談ください。

無料メール相談無料カウンセリング予約