「青山一丁目」駅4番出口徒歩2分

医療法人社団KEIメディカル 青山外苑東通り歯科クリニック

03-3479-6480

金属アレルギー当クリニックおすすめの素材について

お口に使われている金属

金属アレルギーと聞くと、アクセサリーや時計をつけた時にかぶれる、かゆみがでる、といった印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。
実は、お口の中でも同じ現象が起こることがあります。歯科治療で、金属を使うケースは意外と多く、知らずに治療をするとアレルギー反応が出てしまいます。歯科治療では、主に下記の金属が用いられます。

金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金

金銀パラジウム合金・ニッケルクロム合金

保険の虫歯治療の際に用いたり、保険の入れ歯のバネ部分に用いたりします。いわゆる「銀歯」にもこの金属が用いられています。

銀合金

銀合金

被せ物の土台に用いられます。錆びやすく、溶け出しやすいため、歯ぐきを黒く変色させることがあります。

チタン

チタン

インプラント治療時に用いられることがあります。一般的に金属アレルギーが起きにくいと言われていますが、人によってはアレルギー反応を起こす場合があるため、金属アレルギーの方は事前検査をオススメします。

チタン

金(ゴールド)

自費の治療においてかぶせ物等で用いられます。体への親和性が高く比較的安全で、虫歯の再発(二次カリエス)が起きにくいと言われています。

金属アレルギーについて

金属アレルギーがあると、身につけた金属と、汗や唾液などの体液がふれることで金属が溶け出し、アレルギー反応が生じます。
アレルギーを放置した場合、徐々に体内に溶け出した金属が蓄積し、激しい炎症を引き起こす恐れがあります。
口の中では口内炎や口唇炎・口角炎、味覚症状など、全身にはかぶれや発熱などが出る危険があるため、金属アレルギーは放置せず、体に異変を感じたらすぐに検査しましょう。

金属アレルギーについて

金属を使わない治療

セラミックを選ぶことで、金属を全く使わずに治療をすることが可能です。セラミックは金属アレルギーの心配がないだけでなく、見た目が美しく、また機能性も高い素材です。

天然歯の美しさについて

透過性について

天然の歯は、光を透過する透過性を持ち合わせています。透過性があると、歯が美しいと感じます。保険治療の被せ物は、この透過性を再現することができません。そのため、天然の歯と色調が異なって、治療した部分だけが浮いて見えてしまいます。保険外診療で使用されるセラミックは、透過性に優れており、天然の歯と同じような自然で美しい歯にすることが可能です。

強度について

天然の歯の強度は、噛み合わせる歯を傷つけないように、適度な硬さで摩耗性があります。保険治療で金属を用いると、硬さが天然の歯と異なるため、天然の歯を傷つけてしまう恐れがあります。セラミックの中には、天然の歯に近い強度・摩耗性を持っているものがあり、自分の歯に優しい治療が可能です。

天然歯の美しさについて

金属を使わない詰め物・被せ物

プレスセラミック

プレスセラミックとは、二ケイ酸リチウムガラスを主成分としたガラスセラミックで、最先端の素材です。プレスセラミックは、高い強度でありながら、天然の歯に近い摩耗性を持ち合わせているため、噛み合う歯(対合歯)を傷つけることなく、自分の歯を長持ちさせることができます。噛み合わせが強く、他のセラミックを入れると、噛み合う歯や顎関節に影響が出る可能性がある方は、プレスセラミックがオススメです。

プレスセラミック

ジルコニア

ジルコニアは「人工ダイヤモンド」と呼ばれ、高い審美性と高い強度が特徴の、セラミックの中では最高品質の素材です。強度が高いため、最も噛み合わせの力がかかる奥歯に適しています。また、被せ物の土台にも使用できるため、歯ぐきが黒ずんでしまう心配もありません。奥歯の治療や、強度を求める方はジルコニアがオススメです。

ジルコニア

オールセラミック

オールセラミックは、名前の通りセラミックのみで作られた被せ物です。全てセラミックでできているため、天然の歯に近い透過性を持っています。色調も豊富で、天然の歯と見分けがつかないほど自然に仕上げることが可能です。より高い審美性を求める方は、オールセラミックをオススメします。

オールセラミック


治療に関するご相談だけでなく、現在治療中の医院での治療説明に対するセカンドオピニオンなど、カウンセリングだけのご来院やメール相談だけでもまったくかまいません。初めての方でもお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・
無料カウンセリング相談
  1. 予約・お問い合わせ
    無料カウンセリング
  2. 03-3479-6480