歯周病 歯槽膿漏 : 港区 青山の歯医者

  1. TOPページ
  2. 診療科目
  3. 歯周病 歯槽膿漏

歯周病(歯槽膿漏)について

歯周病は実は大変怖い病気で、痛みがなくジワジワと進行していきます。気が付いた時には歯がグラグラ。抜歯をしなければならないというケースも稀ではありません。
そしてなんと40歳以上の日本人の90%以上がこの歯周病にかかっていると言われています。

歯周病は次のような症状が現れます。あなたには当てはまるものがありますか?

歯周病チェックリスト

  • 歯ぐきから血や膿(ウミ)が出る
  • 口臭がすると指摘された
  • 朝、口がネバネバする
  • 歯が浮いた感じがする
  • 歯磨きの時、歯ぐきが痛い
  • 歯ぐきが腫れる
  • 歯がぐらぐら動く
  • 歯と歯の間に物がよくはさまる
  • 歯ぐきが下がり、歯がしみる
  • 硬いものが咬みにくくなった

歯周病とはどんな病気でしょう

多くの人は歯は歯ぐきに支えられているとお考えでしょう。しかし実際には歯は歯槽骨という骨に支えられています。この歯槽骨が細菌により溶けてしまう病気が歯周病なのです。歯を支えている骨が無くなってしまうと歯は支えを失って抜けてしまうのです。

《 歯周病の進行状態 》

健康な歯肉 歯肉炎 歯周炎 重度歯周炎
歯周病進行の様子
健康な歯肉には、ステップリング(みかんの皮の表面の小さなくぼみのような状態)がみられます。写真は、サンゴ色、またはピンク色でひきしまって弾力性があります。 歯のつけ根の表面に、プラークがたまり、歯の周囲や歯と歯の間に炎症が起こります。ブラッシングした時や、固いものを食べると、出血することがあります。これくらいではまだ痛みもあまりありません。 プラークが歯石になり、大きくなると、歯根膜が溶け歯肉溝のなかにも広がってきます。歯肉溝はだんだん深くなり、歯肉の弾力性がなくなって、歯周ポケットと呼ばれる空間ができます。炎症も進み、歯槽骨の破壊も始まります。 炎症が進むと歯周ポケットがさらに深くなり、歯槽骨がほとんど破壊され、歯がぐらつき歯の根も見えてきます。出血や口臭も強くなり常時ウミがでるようになります。s

歯石除去

歯の表面はツルツルしていますが、歯についた歯石は表面がザラザラしているため、汚れがつきやすくなり、汚れがつくことで歯周病は進行していきます。ですので歯石は取り除いた方がよいのです。

ブラッシング(歯磨き)

歯周病は一度進行してしまった状態を全く元に戻すことは困難ですが、ブラッシングで進行を止め、予防することができます。

しかし正しいブラッシングができている方は大変少なく歯科医院で教わるブラッシング方法は「今までのやり方と全く違う!」と皆様驚かれます。正しいブラッシング方法を身につけ口の中から汚れをしっかり除去することがとても大切です。
私共が正しいブラッシング方法を丁寧にご指導させていただきます。

歯周病・ブラッシング指導

歯周病 歯槽膿漏についての無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。

初めての方でもお気軽にご相談ください。

無料メール相談無料カウンセリング予約