オールセラミッククラウン : 審美歯科 美容歯科 インプラント 港区 青山の歯科

  1. TOPページ
  2. 診療科目
  3. 審美歯科
  4. オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

透明感のある自然な歯を被せて治すためには、自費の治療となっている陶材焼付け冠(メタルボンド)や、オールセラミッククラウンを利用する方法があります。いずれもセラミックを利用することで、時間が経っても色がくすむことはありません。弾性率も天然の歯に近いため、咬み合う歯にも優しい材料です。

症例1:前歯6歯全部オールセラミックス

オールセラミッククラウン

治療期間 2ヶ月(通院数6回)
左右3番のみ前歯の神経治療(神経を取る治療)
を行っています。
前歯4歯は神経を残しています
材質 オールセラミックス
治療本数 6歯
費用 180,000×6歯 +消費税

症例2:オールセラミックスとラミネートのコンビネーションの症例写真

オールセラミッククラウン

治療期間   1ヶ月(通院数4回)
材質 右2,3左3がラミネート
右1左1,2がオールセラミックス
治療本数 6歯
費用 ラミネート:90,000×3歯 +消費税
セラミックス:180,000×3歯 +消費税

オールセラミッククラウンについて

  • 冠の全てをセラミックで作り上げる冠のことです。
  • 自然な光を透過する優れた美しさをもつ。
  • 金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心。
  • 歯肉とのなじみも良いため、かぶせ物周辺の歯肉の健康も維持できる。
  • はぎしりのある患者さん、咬み合わせの状態などによっては、利用できない場合がある。

メタルボンドクラウンについて

  • セラミックを金属の枠組みに焼き付けて作る冠
  • 強度があるため、咬む力の強い患者様でもある程度使用可能。
  • 経年的に金属が露出して歯肉との境目が黒く見えてくる。
  • 元の歯や咬み合わせの状態によっては、自然な歯の透明感が思うように出ないことがある。

オールセラミックとメタルボンドの比較

オールセラミッククラウン・メタルボンド

上記の症例は右上をオールセラミック、左上をメタルボンドで治療した例です。
透明感や歯肉の境目の色にご注目下さい。

オールセラミッククラウンについての無料カウンセリング、無料メール相談を受け付けております。

初めての方でもお気軽にご相談ください。

無料メール相談無料カウンセリング予約